「木で木を乾燥」、「細胞を破壊しない乾燥」、「35℃で乾燥」と表示している乾燥機はバイオ乾燥機株式会社が世界で初めて開発したものだけです。その他は、全て偽造品です。偽造により問題が発生しましたら弊社にご連絡をお願いします。

バイオ乾燥機 : 温度35℃の超低温と木で木を乾燥させる、新技術の木材用乾燥機。

収蔵庫のフローリング

バイオ乾燥機の現場説明会

平成25年10月26日(土)

>> バイオ乾燥機の現場説明会

収蔵庫のフローリング

バイオ乾燥の特徴は含水率を6%前後にまで下げることで、縮じまない、割れない、曲がらない(暴れない)材とすることです。

画像の説明
① ブナの原木。ブナはカビが生えやすいため、原木の伐採は冬が相応しい。

画像の説明
② ブナは乾燥が難しい材。しかし美しいブナの風合いを残しての乾燥処理はバイオ乾燥機の得意とするところ。

画像の説明
③ 製材には、カビが刃物に付着して板の表面がカビで汚染されないことが重要である。

画像の説明
④ 生材の乾燥前の重量計測。含水率計だけでは正確な乾燥度合いを知ることは出来ないので重量と含水率計の両方で確認をとる。

画像の説明
⑤ 含水率は68.5%から4.0%に下がる。フローリングには含水率6%前後が相応しい。バイオ乾燥により、フローリング材が縮じんだり、暴れたり、反ることがないように6%前後まで下げる、下がる。

画像の説明
⑧ 収蔵庫の構造材(スギ)

画像の説明
⑨ 床の根太(スギ)

画像の説明
⑩ フローリング工事

画像の説明
⑪ 収蔵庫の完成

画像の説明
⑫ フローリング材含水率は6~8%。バイオ乾燥の特徴は含水率を6%前後にまで下げることで、縮じまない、割れない、曲がらない(暴れない)材とすることです。

>> バイオ乾燥機の現場説明会
>> 南足柄 バイオ木材乾燥機完成

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析