「木で木を乾燥」、「細胞を破壊しない乾燥」、「35℃で乾燥」と表示している乾燥機はバイオ乾燥機株式会社が世界で初めて開発したものだけです。その他は、全て偽造品です。偽造により問題が発生しましたら弊社にご連絡をお願いします。

バイオ乾燥機 : 温度35℃の超低温と木で木を乾燥させる、新技術の木材用乾燥機。

広葉樹の低温乾燥

☚ トピックス
2016年12月

広葉樹の低温乾燥


低温乾燥機による

「山のゴミ?」雑木広葉樹の高付加価値化に

あなたも参加しませんか?

ドブ漬け工法とバイオ乾燥機で


雑木広葉樹が高付加価値製品になるまでの工程


1)本来は、広葉樹がバイオ発電のチップか、製紙用のチップに

熊本県の雑木製紙チップに

熊本県の豊富な広葉樹がチップとなり製紙会社に運ばれている。山持ちさんは二束三文で取引され、製材会社とはかけ離れた世界が、広葉樹の林野ビジネスとなっている。

苫小牧の雑木発電チップに

雑木広葉樹の製品化技術が育っていない日本の林野では、写真のような立派な広葉樹がバイオマス発電の燃料として一カ所の発電所に、毎日10tトラックで10台以上が運ばれるている。苫小牧のチップ工場に広葉樹を分けて欲しいと尋ねたら、バイオマス発電に足りなすぎる現状では分けることは出来ないとの返答がきた。


2)ドブ漬け薬剤注入の工程に

画像の説明
ドブ漬け工法強靭化木材を生産しています。「強靭化木材」とは、木の弱点と言われる「腐りやすい、虫に食われやすい、燃えやすい、割れやすい、曲がりやすい」の特徴を絶つ新技術です。強靭化木材は弊社のHP(http://www.bio-cooling.com)をご参照下さい。

画像の説明
ドブ漬け(Dipping)用のプールです。ノーベル賞を得た細胞学の水チャネル(アクワポリン)理論を木質材に応用した新技術です。

画像の説明
広葉樹の外に、スギ、ヒノキ、アカマツ、カラマツなどの針葉樹にも薬剤は細胞の全般に注入されます。



3)乾燥工程に(バイオ乾燥機で35℃乾燥を)

画像の説明
中型の低温乾燥機(佐賀県のバイオ乾燥機)です。道管の中の自由水だけでなく、細胞の中の結合水を水チャネル理論で移動させるため、含水率は広葉樹でも10%以下までの乾燥が通常です。

画像の説明
小型の低温乾燥機(福島県のバイオ乾燥機)です。町が自らが導入しました。針葉樹と広葉樹が半々で乾燥されています。

画像の説明
広葉樹も針葉樹も庫内では混在させての乾燥が可能です。この写真では、針葉樹のスギ、ヒノキ、アカマツ、カラマツが、また広葉樹のナラ、ブナなどが混在して乾燥されています。

画像の説明
この写真では、左側がカラマツ、真ん中がカナダのメイプル、右側にナラが乾燥中です。


4)製品化の工程に(広葉樹マテバシイを高級モザイク調フローリング材に)

千葉県マテバシイのフローリング1
千葉県のマテバシイをドブ漬け薬剤注入し、バイオ乾燥機で乾燥させました。美しいモザイク調のフローリングが完成しました。

千葉県マテバシイのフローリング3
ナラのフローリング材です。

千葉県マテバシイのフローリング2
マテバシイのフローリング材です。


5)製品化の工程に(住宅のデッキ材です。材種はナラで強靭化木材加工をしたものです。強靭化加工のため、湿度が高いデッキでも腐食することはありません。また、曲がりません。)

画像の説明
ベランダのデッキ材は雨に当たり、腐食が進んだため、ナラの強靭化木材に張り替えを行った。

画像の説明

画像の説明
ナラはケヤキよりも硬く、外部向きで良材です。しかし製品化された後でも曲がることが多いため大工さんは嫌がります。しかし強靭化木材処理を行ったナラは曲がりません。防腐薬剤を混合しているため腐朽菌の被害は防げます。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析