「木で木を乾燥」、「細胞を破壊しない乾燥」、「35℃で乾燥」と表示している乾燥機はバイオ乾燥機株式会社が世界で初めて開発したものだけです。その他は、全て偽造品です。偽造により問題が発生しましたら弊社にご連絡をお願いします。

バイオ乾燥機 : 温度35℃の超低温と木で木を乾燥させる、新技術の木材用乾燥機。

東大寺

バイオ乾燥機の名前がついた マネもの が各地で製造販売されています。バイオ乾燥機の製造販売元は弊社のみです。


東大寺・総合文化センターの収蔵庫

文科省、宮内庁、県等が所管する社寺仏閣、国宝・文化財建造物、博物館、美術館などに文化財などを収蔵、管理、保存する収蔵庫があります。収蔵庫の保存環境には高度な保存技術が採用されています。

収蔵庫内に使用される木材には、酢酸や蟻酸が多く発生させる樹種や、高温処理によりリグニンを燃焼・酸化させて有機酸を多く放散させる高温処理木材は採用されません。以下に奈良県東大寺の収蔵庫に導入されたバイオ乾燥材についてご説明します。


1)伐採現場(三重県)

画像の説明

画像の説明


2)東大寺境内(工期は2年を要した)

画像の説明

画像の説明

画像の説明


3)バイオ乾燥機と庫内の乾燥処理

バイオテクノロジーにより木で木を乾燥する.

画像の説明

バイオ乾燥機の庫内は35℃。
画像の説明

仕上げ処理の現場
画像の説明


4)乾燥後の検品及び乾燥後の重量と含水率(12%以下)の確認作業

バイオ乾燥材の搬入前に割れ、曲り、大きさ、重量などが検査される。
画像の説明

含水量は重量によって再確認される。
画像の説明

設計仕様では12%以下の条件であるが、収蔵庫には8%以下に下げた。
画像の説明

床材のブナの含水率。
画像の説明

重量測定による再確認。
画像の説明


5)完成したバイオ乾燥材

画像の説明

画像の説明

画像の説明


6)東大寺の工事現場

画像の説明

画像の説明


画像の説明

画像の説明


7)収蔵庫内(完成)

画像の説明

画像の説明

画像の説明


8)設計仕様

設計仕様に記載されている乾燥の条件

(画像をクリックすると拡大)
画像の説明

乾燥:含水率12%以下。

処理温度:40℃以下。

文化財の保存条件:JIS A1460:2001規格

(酢酸: 10.1mg/L、蟻酸: 01.mg/L以下とする。)

木のリグニンは50℃前後から木の中で有機酸を生産し、放散し始める。有機酸は人の健康被害の元凶でもあるが、また重要文化財などを酸化させて長期保存を困難にするため、文化庁では収蔵庫に使用する木材を厳格に試験を実施している。。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析