「木で木を乾燥」、「細胞を破壊しない乾燥」、「35℃で乾燥」と表示している乾燥機はバイオ乾燥機株式会社が世界で初めて開発したものだけです。その他は、全て偽造品です。偽造により問題が発生しましたら弊社にご連絡をお願いします。

バイオ乾燥機 : 温度35℃の超低温と木で木を乾燥させる、新技術の木材用乾燥機。

森林浴を

&show(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);

  「電気のいらないクーラー」で森林浴のさわやかさを得る方法  

その1(自然に冷やす方法)

#show(): File not found: "image4.png"

森の中にいるような環境を、部屋の中に作りましょう。
晴天の夏は、太陽が頭上にあって、森林の中でも結構暑いものですが、夜になるとグっと涼しくなります。
電気のいらないクーラー」は、この自然の涼しさを部屋の中にもたらしてくれます。

森の中にいるような環境を作るのは簡単!

  • 部屋に直射日光が入らないようにします(カーテンなどで遮光)
  • 外気が入って来ないようにします(窓を閉じる)
  • できるだけ部屋の出入りを避けます(頻繁なドアの開閉を避ける)

    ↓↓↓
部屋の中の高温の湿気を「電気のいらないクーラー」が、ゆっくり、しかし強力に取り除いていきます。
    ↓↓↓
森林浴のようなさわやかさが持続!

その2(強制的に冷やす方法)

夏日の部屋の中は、床、天井、壁、家具や什器備品など、全てが外と同じく30℃前後の高温に上がっています。「電気のいらないクーラー」はエアコンのように冷気を噴出すものではないので、冷えるには時間がかかります。そこで・・・最初だけエアコンを使います。

  • まず、その1のような環境を作って下さい。
  • そしてエアコンの設定温度を27℃くらいに設定して、触れてみて四方の壁がひんやりするまで強制的に冷やして下さい。(約1時間くらい)
  • 室温が27℃前後まで下がったら、エアコンの電源を切ります。
        ↓↓↓
    その後は、「電気のいらないクーラー」が、部屋の中の湿気をゆっくり継続して取り除いてくれるので、エアコンを入れていた状態を維持してくれます。
        ↓↓↓
    冷えすぎないで、森林浴のようなさわやかさが持続!

コツは、触れてみて四方の壁がひんやりするまで冷やしてから、エアコンを切ることです。

注:直射日光を入れたり、窓を開けて高温多湿の外気を入れないようにご注意下さい。また、当クーラーを設置した部屋のドアを頻繁に開閉することは避けて下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析