「木で木を乾燥」、「細胞を破壊しない乾燥」、「35℃で乾燥」と表示している乾燥機はバイオ乾燥機株式会社が世界で初めて開発したものだけです。その他は、全て偽造品です。偽造により問題が発生しましたら弊社にご連絡をお願いします。

バイオ乾燥機 : 温度35℃の超低温と木で木を乾燥させる、新技術の木材用乾燥機。

檜舞台にバイオ乾燥材

バイオ乾燥機の名前がついた マネもの が各地で製造販売されています。バイオ乾燥機の製造販売元は弊社のみです。


⇐ テレビで放映

歌舞伎舞台とバイオ乾燥技術

歌舞伎の「檜舞台」に

画像の説明
画像の説明 画像の説明

本舞台、花道、各部屋などの床にはバイオ乾燥の檜が採用されました。


(1)「檜舞台」のヒノキ伐採現場

画像の説明
丹沢の檜

丹沢の百年檜

神奈川県丹沢の百年檜。当社(日本強靭化木材株式会社グループ)は2009年から2年間、東大寺の総合文化センター建造の大掛かりな仕事を大林組から請けたときに、日本中の良質な檜産地を1年間、調査して歩いた。その中でも地形的に、水質的に、細胞形成において、価格的においても、これらを総合的に判断して最良と思われる檜を決定したのが丹沢檜であった。

画像の説明
(神奈川県丹沢)百年檜の伐採現場

画像の説明
百年檜の葉枯らし乾燥

画像の説明
伐採後に1本ごと検証

画像の説明
集材

画像の説明 画像の説明
搬出

神奈川県の丹沢檜の特徴

a: 地形:樹木の育成に極めて適した地形である。丹沢は、他の地域の檜産地と異なり、子供の遠足や家族のキャンピングに使われるほどで、険しい山地でないがため、全地域が豊富な腐葉土で形成されている。これは、森林生態系において地上部の植物により生産された有機物が朽木や落葉・落枝となり地表部に堆積し、大小様々な土壌動物による生化学的な代謝作用により分解された土が丹沢には豊富であることが特徴である。そういう点では丹沢檜の生育地が、肥沃な土地で形成されている里山と類似しているとも言える。

画像の説明
なだらかな丹沢

画像の説明
伐採現場

b: 水が適切に豊か:丹沢のいたる場所に小川があり、水が豊富である。一般的に檜の植林地は高所にあり、地形は割と険しく、根の周りに水が少ない。丹沢檜の根系は、水が地中に適切に豊富であるため、細根は地中広く、太根は地中深く這いわたり、1年中、そして100年間、地中の水をムラなく吸い上げてきた。これは樹木にとり生育環境が極めて良い場所であると言える。

画像の説明

画像の説明

c: 細胞形成:樹木の木部形成には、季節的変化、水量、地形などにより大きく影響を受ける。神奈川の丹沢檜を1本1本、伐採した切り口を観察すると、どれも100年間の年輪の幅はほぼ等しく、よって生育に必要な環境に恵まれていることが判断できる。
画像の説明

画像の説明


(2)「檜舞台」の製材現場

画像の説明

檜舞台」製作のために、百年檜は伐採され、伐採現場にて葉枯らし乾燥が実行された。この段階で丸太内の含水量は半分以下にまで減少したと思われる。その後、三重県の製材会社に運搬されて、順次、製材された。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

製材された百年檜の厚板は、天然乾燥のため製材会社の天然乾燥用倉庫の中に移され、1年間以上、天然乾燥が実行された。天然乾燥後の含水率は約30%。最後に舞台床の変形が発生させないためにバイオ乾燥機によって含水率を12%前後に落とし、檜舞台の材は完成された。


(3)「檜舞台」のバイオ乾燥現場

木で木を乾燥させるバイオ乾燥機

画像の説明

画像の説明

檜舞台」のヒノキは2基のバイオ乾燥機が使用された。2基のバイオ乾燥機は、皇居、東大寺、三重県立美術館、三重県立博物館などの多くの重要文化財建造物にバイオ乾燥材を納めてきた。

画像の説明
乾燥中のバイオ乾燥材

画像の説明

バイオ乾燥機が関与した「歌舞伎の檜舞台」や国立劇場の舞台などのヒノキ床板を乾燥する場合の設定温度は35℃前後で、含水率は12%以下に下げられた。仕上がり材は、含水量を最低レベルまで下げたことと、細胞を破壊させていないことから強度が増長し、舞台上で使用される大道具や激しい人の移動に対しても傷がつきにくく、長期の使用に耐えることが出来る。

>> 檜舞台のバイオ乾燥現場

(4)バイオ乾燥材の乾燥手順

① 伐採後の葉枯らし乾燥(丸太のまま)により、材中の含水量は半分以下に減少。
② 製材所にて、舞台用床材(約4000枚)が厚さ42mmに製材され、天然乾燥用の倉庫にて桟積みされて天然乾燥を実施。含水率を30%以下にまで減少させる。 
③ 仕上げ乾燥のため、バイオ乾燥機に入庫する。
④ バイオ乾燥機の設定温度は約35℃の超低温。木の細胞が持つ水(結合水)移動の原理を活用(バイオ技術)して、6日間乾燥し、1日間養生を行う。含水率を12%以下に割れ無しで減少させる。
⑤「檜舞台」に使用される百年檜が完成された。

>> バイオ乾燥材の乾燥手順

(5)「檜舞台」の乾燥確認

画像の説明
乾燥後に、含水率計測器で12%以下であるかを確認する。

画像の説明

画像の説明
乾燥にばらつきがあるかどうかを重量で再確認する。


① バイオ乾燥された板材を出庫ごとに重量を測定する。これは、含水率計測器がかなり不安定であるため、重量により水分の減少を再確認するやり方。
② 含水率測定器を使用して通常の方法で含水率を計測する。
③ 三重県の製材会社による良材の納入実績には信頼性が高い。バイオ乾燥機を使用した納材先には、皇居、東大寺、三重県立博物館、三重県立美術館、多くの重要文化財や国宝建造物がある。

>> 歌舞伎座檜の乾燥確認

画像の説明

>> バイオ乾燥機の現場説明会
>> 南足柄 バイオ木材乾燥機完成
>> バイオ乾燥機はなぜ超低コストか?
>> 丹沢の百年檜
>> 百年檜の伐採現場
>> 百年檜の乾燥現場
>> 百年檜の製材現場
>> テレビで放映
>> お陰様で200台
>> カナダに4台

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析