「木で木を乾燥」、「細胞を破壊しない乾燥」、「35℃で乾燥」と表示している乾燥機はバイオ乾燥機株式会社が世界で初めて開発したものだけです。その他は、全て偽造品です。偽造により問題が発生しましたら弊社にご連絡をお願いします。

バイオ乾燥機 : 温度35℃の超低温と木で木を乾燥させる、新技術の木材用乾燥機。

開発者のプロフィール

<開発者のプロフィール>

伊藤 隼夫

いとう としお

出生地;函館市

最終学歴;早稲田大学

在学中の留学先;マドリード大学[西)、バルセロナ大学(西)、ブザンソン大学(仏)、ケンブリッジ大学(英)



職 歴

25歳、富士通営業部

27歳、富士通コンピュータサロン・マネージャー(霞が関ビル)

28歳、富士通営業管理部、海外事業部、コンピュータサロン・マネージャーを兼務。

29歳、富士通初の海外駐在所長(マドリード)

30歳、富士通初の超大型コンピュータ(M-190)1号機~4号機を海外(スペイン電電公社テレフォニカ)に導入。

30歳、富士通初の海外合弁会社(スペイン工業省INI、スペイン電電公社テレフォニカとの合弁)を設立。

32歳、富士通初の海外コンピュータ製造工場建設(スペイン、マラガ)に従事。

35歳、富士通退社。米国シティバンクに入行(リース部営業部長)。

37歳、「One-Stop-???」 の商標登録を世界に。

38歳、シティバンク退社、独立してヨーロッパにリース会社(Comlease社)を設立。

42歳、Comlease社をソシエテ・ゼネラル銀行(仏)に売却(M&A)。パリ大学第6校(基礎医学部、別称;ピエール&マリー・キューリ大学医学部のD.ザグリ教授研究室にてエイズ・ワクチン研究に参画、同時に細胞の水チャネル理論の研究に入る。パスツール研究所(仏)とのエイズ治療薬共同研究に従事。

49歳、日本に(株)イムノバックス''};を設立。木質細胞の研究に従事。木材細胞内の水移動の研究に入る。

54歳、水チャネル理論を応用したバイオ乾燥機(木で木を乾燥させる世界初のバイオ乾燥機)を完成。

63歳、世界唯一の薄厚(10mm)不燃木材(スギ)の国交省大臣認定書を取得。

65歳、日本初の(12mm~50mm)不燃木材(スギ、ヒノキ)の国交省大臣認定書を取得。

65歳、社名を「日本不燃木材株式会社」に変更。

66歳、日本初の強靭化木材(防腐・防虫・不燃)を宮内庁・皇居に納入。

67歳、強靭化木材が大型建造物に採用され始めた(東大寺、浜離宮など)。

68歳、バイオ乾燥材が大型建造物に採用され始めた(歌舞伎座東大寺、国立劇場、東京文化財研究所、文化財建造物保存技術協会ビル、静岡市立美術館、東京国立近代美術館など)。

69歳、バイオ乾燥材が世界遺産・厳島神社、三重県立総合博物館、聖徳太子建立の国宝・鶴林寺、川崎市青少年科学館、馬高縄文館、南山大学人類学博物館などに採用された。

69歳、会社を「日本強靭化木材株式会社」と「バイオ乾燥機株式会社」に分割。

69歳、自由民主党・国土強靭化総合調査会にて、清水信義・慶應義塾大学名誉教授とともに「国土強靭化と世界初の森林ゲノム研究」を発表。冊子「国土強靭化 日本を強くしなやかに」(国土強靭化総合研究所)にて発表。

71歳、すみだ北斎美術館、小泉八雲記念館などに納入。

72歳、バイオ乾燥材の研究所を埼玉県ときがわ町に開設。行政(福島県古殿町役場)と提携。同役場は古殿町産材(スギ)を全国に普及するためバイオ乾燥機を導入。



アルバム

パスツール研究所(パリ)との共同開発

画像の説明

(仏)パスツール研究所のバレシヌシ教授(2008年ノーベル賞生理医学部門を受賞)とエイズ治療薬を共同で研究していた時代。

画像の説明

バレシヌシ教授が東京のノーベル賞受賞者フォーラムにて講演した夜に、昔の共同研究の話しで盛り上がった。

パリ大学(第6校)での研究時代」

  • 当社代表の伊藤隼夫は、1999年からパリ大学第6校(ピエール&マリーキューリー大学)医学部にてエイズ・ワクチンの開発グループに参画しました。写真は右が研究部長のダニエル・ザグリ教授(免疫細胞のナチュラル・キラー細胞の発見者)で、左が伊藤隼夫です。

CENTER*:画像の説明


エイズ・ワクチンの開発と論文

画像の説明

  • 当社代表の伊藤隼夫は、エイズ・ワクチンの開発に向けた論文を、慶応義塾大学医学部分子生物学の清水信義教授(当時)と発表。

ヒトゲノム研究の世界最高峰でダウン症やパーキンソン病の遺伝子を発見した慶應義塾大学の清水信義名誉教授と。樹木の三倍体の共同研究者。

画像の説明

浜離宮・松の茶屋復元工事の現場にて。

画像の説明

マレーシア国立森林研究所にて熱帯広葉樹の研究に。

画像の説明

東大寺の現場にて。

画像の説明

不燃木材燃焼テスト用の機器、コーンカロリーメーターを使っての研究。

画像の説明

松の茶屋完成時に。(開発者は右端)

画像の説明

東日本大震災、巨大津波の2週間後に被災地を訪問。

画像の説明

電気がない無人の町々。

画像の説明

初夏に入って入居が可能になった仮設住宅。しかし電気がないためクーラーも無かった。

画像の説明

すぐに「電気のいらないクーラー」を開発し、被災者もボランチアも一緒になって「電気のいらないクーラー」の製作が始まった。町々の被災地を訪問して、みんなの力で被災地現場にて設置して歩いた。

画像の説明

被災地では誰もが「電気のいらないクーラー」の製作に力を貸した。開発者は左から2人目。6月から9月まで続いた。

画像の説明

福島県の看護学校に「電気のいらないクーラー」を納入。

画像の説明

東大寺バイオ乾燥材を納めた仲間たちと一緒に。

画像の説明

浜離宮松の茶屋にバイオ乾燥材を収めた仲間たちと一緒に。開発者は真ん中。

画像の説明

バイオ乾燥材が採用された国宝・鶴林寺の現場にて。

画像の説明

石川県白山周辺のブナ林や各種広葉樹を研究。

画像の説明

樹齢1300年と言われている日本最大の栃ノ木が、1本の苗で生育されたのではなく、周りの10本以上の栃の木が束となって接ぎ木現象にて接合され、数百年間の間に巨木化したと考えられる。よって、樹齢は500年前後ではないかと思われる。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析